ハイドロキノン高濃度の美白化粧品は危険?【美白コスメの選び方】

ハイドロキノンは高濃度なら良いというわけではない

ハイドロキノンの使用には注意が必要
医師が作った美白化粧品

アメリカでは、美白といえばハイドロキノンが主流です。ハイドロキノンは、イチゴ類やコーヒー、紅茶など天然にも存在する成分です。シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きがあり、その美白効果は、話題の成分コウジ酸やアルブチンの数十倍から100倍はあるといわれています。日本では2001年から、規制が緩和されてハイドロキノン配合の化粧品が多く出回るようになりました。ネットで、高濃度のハイドロキノンを簡単に手に入れることもできるようです。 美白効果がとても優れているので、高濃度なら、より早くシミが消えたり、より白くなれると思いがちです。でも、注意しなければならないことがあります。 ハイドロキノンは、刺激が強いので高濃度なら良いというわけではないからです。
人によっては、皮膚への刺激が強く出たり、かぶれ、赤みなどを引き起こすこともあります。また、高濃度に大量に長期間使用し、無防備に日光を浴びた場合などに色素沈着が起こった例があります。アメリカでは4%以上配合されたものは処方箋薬としての扱いを受けています。ですから、毎日使用する化粧品では、高濃度だからいいと安易に選ばないようにしましょう。

ハイドロキノンは高濃度ではなく、安定度で選ぶ

新安定型ハイドロキノンはココが凄い!

高濃度だと、かぶれ、赤みなどの症状がでてしまうことがあるハイドロキノン。ハイドロキノン配合の多くのコスメは、他の配合成分との調合で安定度と安全性を高めようとしています。 アンプルールは、ハイドロキノンをBCDACという物質で包み込み熱や光に強い新安定型のハイドロキノンを開発しました。それにより、副作用であった刺激やかぶれ、赤みが出にくなり安全性が増しました。安全性については、第三者機関が行ったパッチテストで全て陰性と確認され、モニター調査でも肌の赤みが増した例がなく安全性が証明されました。また、BCDACをまとったハイドロキノンは、メラニンを生成するメラサイトに、直接働きかけることができるので、美白効果が従来より大きく期待できます。アンプルールの『ラグジュアリーホワイト』シリーズに配合されているのは、安定度と安全性をさらに増したこの新安定型ハイドロキノンです。肌の弱い方でも安心して使える、新安定型ハイドロキノン配合『ラグジュアリーホワイト』シリーズが、抜けるような明るい素肌へ導いてくれます。

アンプルール ラグジュアリーホワイト 3つの注目ポイント

点と面、Wの美白ケア

マイクロカプセル化された新安定型ハイドロキノンをシリーズ最高濃度で配合したスポットケア専用の夜用集中美容液が、シミをピンポイントでアタック!そして、メラニン生成をパワフルに抑制し、24時間シミの根本原因にアプローチする薬用美白美容液。点と面、Wの美白ケアで、シミやくすみのないラグジュアリーホワイトな肌へ導きます。

徹底したメラニンケア

日中のメラニンケア美容液には、ハイドロキノンの誘導体である美白有効成分「アルブチン」を配合。メラニンの生成を促す酵素の働きを抑制しながら、新安定型ハイドロキノン配合の夜用集中美容液を強力サポートし美白効果を高めます。 そのほか、整肌成分の2種類の「ビタミンC誘導体」、クレアチニン、ヒアルロン酸、セレブロシド、酵母エキス等が配合され、メラニンケアをパワフルサポートし、24時間・美白続行、透明感を加速させます。

美容・ファッション誌での掲載実績が豊富

FRaU、MAQUIA、VoCE、美ST、sweet、BAILA、GLOW、美的などなど、人気女性雑誌に9年連続630回以上も掲載のアンプルール。特に、美容液が注目の的です。数々の美容雑誌の「最優秀コスメ大賞 美白・UV部門」「上半期ベストコスメ大賞」などベストコスメにもランクインしています。美魔女の水谷雅子さんをはじめ、芸能人にも愛用者多数です。